季樹歳彩-写真歳時記

きぎさいさい

アキノキリンソウ

山では秋の花が咲き始めます。

f:id:notahiro:20170819085345j:plain

咲き始め  ’99. 7.29. 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170819085424j:plain

マツムシソウツリガネニンジンとともに…  ’03. 8.28. 高峰山にて

f:id:notahiro:20170819085628j:plain

ミヤマアキノキリンソウ  ’00. 7. 8. 暑寒別岳にて

f:id:notahiro:20170819085721j:plain

登山道を飾り…  ’12. 7.31. 天塩岳にて 下の写真も

f:id:notahiro:20170819085835j:plain

時に群生して…

f:id:notahiro:20170819085909j:plain

集合花が穂状に次々と…  ’16. 8. 9. 黒斑山にて 下の写真も

f:id:notahiro:20170819090222j:plain

そして実を結ぶ…

f:id:notahiro:20170819090326j:plain

大きく勢力を伸ばす…  ’03. 9. 2. 湯ノ丸高原にて 下の写真も

f:id:notahiro:20170819090524j:plain

ワレモコウやカワラナデシコとともに…

f:id:notahiro:20170819090741j:plain

やがて…  ’03. 9.27. 湯ノ丸高原にて

夏まで雪が残るような山では、雪融け直後の春のような花が夏に見られます。一方立秋、お盆ともなれば秋風が吹いて、秋の花もせかされるように咲きます。山の花の季節は濃密。それは人を楽しませるためではなく、厳しい自然環境のため。そうしなければ子孫を残せません。そうやって命を繋いでいます。

ノアザミ

長野・群馬県境の湯ノ丸高原のノアザミ

f:id:notahiro:20170812101701j:plain

まだ固いつぼみ  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812101858j:plain

それでも少し膨らんで…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102049j:plain

口を開くように外側から…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102150j:plain

こっちは中心も…  ’99. 7.29.

f:id:notahiro:20170812102320j:plain

咲き始め  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102349j:plain

こっちは外側から…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102434j:plain

随分咲いて…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102525j:plain

小さなハナカミキリの仲間  ’99. 7.29.

f:id:notahiro:20170812102716j:plain

刺激を受けて花粉を出す…  ’03. 8. 8.

f:id:notahiro:20170812102833j:plain

花盛り…  ’03. 8. 8.

同じ場所でも花の咲き方はまちまち。個体数が多ければ、1日観察しただけで花咲く様子が分かってきたりします。これらの写真は3日分。’99. 7.24. 臼窪湿原から烏帽子岳にかけて撮った6枚。5日後の  ’99. 7.29. 池の平で撮った2枚。’03. 8. 8. 臼窪湿原で撮った2枚。大発見じゃなくても、自分でそうかって分かるのは楽しいものです。

夏緑覆う

競合。協調。…意思。意図。……単なる模様。デザイン。パターン…

f:id:notahiro:20170808133455j:plain

林床を覆うシダ

f:id:notahiro:20170808133645j:plain

光を求めて成長する葉

f:id:notahiro:20170808134005j:plain

自身でも、同種でも、他者でも…

f:id:notahiro:20170808134140j:plain

競合。協調?淘汰?

f:id:notahiro:20170808134416j:plain

サンカヨウ

f:id:notahiro:20170808134524j:plain

意思はなく、意図もない。…そのはず…

f:id:notahiro:20170808134919j:plain

天を覆うだけではないトチノキ

f:id:notahiro:20170808135311j:plain

ヤグルマソウ  ただの模様にも見えて…

f:id:notahiro:20170808135520j:plain

ミズなどと呼んで山菜としても利用するウワバミソウ

f:id:notahiro:20170808135645j:plain

ゼンマイ  これもシダだけど…

f:id:notahiro:20170808135742j:plain

これはセリ科?シャクか何かでしょうか…

f:id:notahiro:20170808135836j:plain

取り合わせても面白い…

今年7月7日に会津朝日岳で撮ったもの。山を下りてきて、日が翳った谷の緑に惹かれて撮影しました。共感・賛同は得られるものでしょうか。

シシウド

大きくて目立つのに、あまり注目はされていない…

f:id:notahiro:20170805104812j:plain

膨らんで…  ’03. 7.22. 撮影場所の記載のない写真は湯の丸高原にて

f:id:notahiro:20170805104936j:plain

皮を破るように現れる花序…  ’99. 7.29.

f:id:notahiro:20170805105114j:plain

少しずつ伸びて…  ’14. 7. 8.

f:id:notahiro:20170805105308j:plain

伸びて…  ’03. 7.22.

f:id:notahiro:20170805105525j:plain

広がって…  ’15. 8. 2.

f:id:notahiro:20170805105650j:plain

多くの小さなつぼみを見せる…  ’97. 8. 7.

f:id:notahiro:20170805105734j:plain

小さな花が咲き始めて…  ’16. 7.20.

f:id:notahiro:20170805105825j:plain

大きく花をさし上げる…  ’97. 8. 7.

f:id:notahiro:20170805110040j:plain

花火のよう…。人には人気がなくても…  ’13. 8. 3.

f:id:notahiro:20170805110234j:plain

虫には人気。もう花は終わりなのに…  ’03. 8.13. 早池峰山にて

f:id:notahiro:20170805110351j:plain

やがて実を結び…  ’01. 9. 6. 北アルプスにて

f:id:notahiro:20170805110435j:plain

多くの種を残す…  ’97. 9.28. 浅間山にて

 特にきれいということはなく、素通りしてしまったりもするのですが、よく見ると面白かったりします。場所によっては大型のセリ科植物でも何種類もあったりするので、特定に困ることもあります。

マルバダケブキ

キク科なのに、まるでセリ科みたい…

f:id:notahiro:20170731141625j:plain

茎の途中が膨らんで…  ’16. 7.12. 以下2枚も

f:id:notahiro:20170731141726j:plain

つぼみが出てくる…  すべての写真は 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170731141808j:plain

セリ科のシシウドみたい…

f:id:notahiro:20170731141958j:plain

つぼみ  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170731142112j:plain

咲き始め  ’13. 8. 3.

f:id:notahiro:20170731142210j:plain

花数の少ないものも…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170731142327j:plain

徐々に花開いて…  ’97. 7.19.

f:id:notahiro:20170731142522j:plain

やがて咲く…  ’16. 7.12.

f:id:notahiro:20170731142558j:plain

クロアゲハなどが受粉を助けます。  ’03. 8.22.

f:id:notahiro:20170731142617j:plain

湯ノ丸山  ’15. 8. 2.

あまり注目されない花ですが、花茎の発生が面白いし、花よりつぼみに惹かれて写真を撮ったりします。キク科メタカラコウ属ー最近植物分類が大きく変わって、…古かったらごめんなさい。分布は本州・四国。東北・北海道で見るのはトウゲブキ。海辺などで見るツワブキも仲間かと思ったら、こちらはツワブキ属という別属でした。

ニッコウキスゲ

この季節、高原を彩るニッコウキスゲ

f:id:notahiro:20170726083231j:plain

雨に濡れるつぼみ  ’03. 7.18. 群馬県 野反湖にて

f:id:notahiro:20170726084351j:plain

咲き始め  ’12. 7.15. 鳥海山にて

f:id:notahiro:20170726084839j:plain

つぼみ、咲く花、しおれる花…  ’17. 7. 9. 秋田県 大場谷地にて

f:id:notahiro:20170726085445j:plain

一日花というのに見事な群落…  ’03. 8.14. 八幡平にて

f:id:notahiro:20170726090231j:plain

次から次へと咲いて…  ’97. 7.31. 長野・群馬県境 高峰高原にて

f:id:notahiro:20170726091250j:plain

別名ゼンテイカ  ’03. 8. 8. 高峰高原にて

f:id:notahiro:20170726094833j:plain

遠く北アルプスを望む  ’05. 7.28. 霧ヶ峰にて

f:id:notahiro:20170726091646j:plain

北海道にはエゾゼンテイカ  ’00. 7.17. サロマ湖にて

f:id:notahiro:20170726094310j:plain

山にも海辺にも…  ’17. 7.15. 霧多布 アゼチの岬にて

f:id:notahiro:20170726094715j:plain

佐渡にはトビシマカンゾウ  ’17. 6. 1. 佐渡島 大野亀にて

ポツリポツリと咲いているのも見るのですが、やはり群生すると見事です。各地に有名、無名の群生地があります。1日でしおれてしまうというのが信じられないくらい。名前の由来はよく分からないようで、ゼンテイカを推す図鑑もあります。でもニッコウキスゲが定着しているようです。それで北海道のものはエゾゼンテイカ佐渡島などのものはトビシマカンゾウ。こちらは仲間のノカンゾウヤブカンゾウカンゾウ。ちなみにキスゲはやはり仲間のユウスゲの別名。ややこしい話になっています。

さて、長旅を終えて帰ってまいりました。『季樹歳彩ー写真歳時記』再開します。これからもよろしくお願いします。

コバイケイソウ

毎年は咲かないようで、その分咲き揃った年は見事…

f:id:notahiro:20170703085353j:plain’16. 4.20. 奈良県の山上ヶ岳で撮ったのでバイケイソウでしょうか。

f:id:notahiro:20170703090459j:plain

’06. 6.25. 新潟県 小松原湿原にて

f:id:notahiro:20170703091138j:plain

’13. 6. 7. 岐阜県 天生(あもう)湿原  葉陰にもつぼみが…

f:id:notahiro:20170703091957j:plain

’00. 6.29. 青森県 南八甲田  花茎を伸ばさない内に咲き始める…

f:id:notahiro:20170703092803j:plain

’13. 6.22. 富山・岐阜県境 人形山にて

f:id:notahiro:20170703093339j:plain

’13. 8. 8. 長野県 中央アルプスにて

f:id:notahiro:20170703094040j:plain

’86. 7.29. 新潟県 飯豊連峰  文平ノ池と大日岳

f:id:notahiro:20170703094659j:plain

’13. 6.21. 富山・岐阜県境 白木峰にて

f:id:notahiro:20170703094938j:plain

’02. 7.20. 福島県 吾妻連峰 鎌沼にて

f:id:notahiro:20170703095359j:plain

’13. 8. 8. 中央アルプスにて

標高の高い場所や雪が残る場所では花はまだ先、でも場所によってはもう咲いています。ただ花には当たり年があって、2013年は北陸や中央アルプスでよく咲いていて、北アルプスでも多かったといいます。離れた場所でも揃って咲くのが不思議です。なお新たな記事掲載は少しお休みします。3~4週間後をめどに再開します。今後ともよろしくお願いします。