季樹歳彩-写真歳時記

きぎさいさい

南アルプスの紅葉

紅葉は山の上から始まります。

f:id:notahiro:20170924082432j:plain

’90. 9.12. ウラシマツツジの紅葉 ボーコン沢ノ頭にて

f:id:notahiro:20170924082754j:plain

’90. 9.26. 黄葉 仙丈岳にて

f:id:notahiro:20170924083756j:plain

’90. 9.27. 黄葉 三峰(みぶ)岳にて

f:id:notahiro:20170924084647j:plain

’90. 10. 5. 西農鳥岳 三国平にて

f:id:notahiro:20170924085256j:plain

’90.10. 6. ダケカンバ 安倍荒倉岳にて

f:id:notahiro:20170924085507j:plain

’90.10. 7. 紅葉 雪投沢にて

f:id:notahiro:20170924085736j:plain

’90.10. 8. カツラ 池ノ沢にて

f:id:notahiro:20170924085949j:plain

’90.10. 8. 雨 池ノ沢池にて

f:id:notahiro:20170924090245j:plain

’90.10.16. カラマツの道 伝付(でんつく)峠にて

f:id:notahiro:20170924090829j:plain

’13.11. 6. 黄葉 鋸岳にて

古い写真を引っ張り出してデータを確認すると、とんでもない山行を続けていたことが分かります。我ながら驚き、感心してしまいます。そんな山行を『ひねもす通信Ⅱ』で紹介したくなりました。でもまだフィルム。ほとんどデジタル化できていません。かなり先のことになりそうです。なお体調はいたって元気。ご心配をおかけしました。でも山登りはもう少し体力をつけてからになりそうです。

オヤマリンドウ

秋の山でよく見る花…

f:id:notahiro:20170914105144j:plain

’16. 8. 9. まだつぼみ 黒斑山にて

f:id:notahiro:20170914105801j:plain

’03. 9.27. 膨らんで… 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170914113636j:plain

’08. 9. 9. 咲いても開ききらず… 妙高山にて

f:id:notahiro:20170914114828j:plain

’12. 8.22. 翳れば閉じ、霜にやられたり… 朝日連峰にて

f:id:notahiro:20170914115546j:plain

’92. 9. 4. それが秋の花らしい… 浅間山を背景に黒斑山にて

f:id:notahiro:20170914130704j:plain

’97. 8.29. 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170914131827j:plain

’14. 9.15. 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170914132113j:plain

’15.10.15. こちらはリンドウ 妙義山にて

f:id:notahiro:20170914132313j:plain

’95.10. 3. 普及した園芸種の元のエゾリンドウ 浅間山にて

f:id:notahiro:20170914135015j:plain

’12. 8. 9. 北海道のエゾリンドウ 日高山脈にて

寝込む前に用意していたものです。まだ本調子ではありません。ブログ再開もゆっくりになりそうです。普通に食べる、なんて当たり前のことが出来なくなって、それがどんなに有難いことか思い知らされます。でも2週間、ろくに食べずに生き続ける人間も、結構たくましい。そして、今回助けて頂いた方々に心より感謝申し上げます。

ベンケイソウ

’99. 7.24. 湯ノ丸高原で撮った写真。何だろう。

f:id:notahiro:20170827091526j:plain

図鑑で調べると、…ベンケイソウ?でも実物は見たことないし…

f:id:notahiro:20170827091659j:plain

4年後 ’03. 7. 4. 同じ辺りに2本。ほかには見当たりません。

f:id:notahiro:20170827091955j:plain

’03. 8. 8. つぼみ。ベンケイソウに間違いなさそうです。

f:id:notahiro:20170827092155j:plain

’03. 8.22. まだつぼみ…

f:id:notahiro:20170827092304j:plain

いいえ、咲き始めています。

f:id:notahiro:20170827092352j:plain

’03. 9. 2. 花が咲きました。

f:id:notahiro:20170827092634j:plain

’03. 9.27. 実になっています。

f:id:notahiro:20170827094002j:plain

’09. 8.20. 飯豊連峰で撮ったミツバベンケイソウ。

f:id:notahiro:20170827094547j:plain

’00. 8. 5. こちらの方がまだよく見るホソバノキリンソウ。湯ノ丸高原にて。

f:id:notahiro:20170827101157j:plain

’14. 7.15. 高山植物イワベンケイ八ヶ岳にて。

私にとっては珍しくて、花が咲くまで確認しました。あるところには普通にあって、自分の活動域に少ないだけかもしれません。キリンソウやイワベンケイの方がむしろ馴染み。その後ほかのベンケイソウにも出会っていません。ちなみに最初の写真には、前年のドライフラワー状態らしきものが写っています。

マツムシソウ

山ではいつの間にか秋の花が目立つようになります。

f:id:notahiro:20170823083546j:plain

まだ固いつぼみ  ’99. 7.24. 下の2枚の写真も

f:id:notahiro:20170823083837j:plain

つぼみの集合体  最後の写真以外の撮影地はすべて湯ノ丸高原

f:id:notahiro:20170823084020j:plain

外側から膨らんで…

f:id:notahiro:20170823084104j:plain

開花  ’97. 8. 7.

f:id:notahiro:20170823084201j:plain

斜面を飾る  ’00. 8.22.f:id:notahiro:20170823084712j:plain

つぼみもあれば、すっかり花開いたものも…   ’16. 7.20. 下の写真も

f:id:notahiro:20170823084436j:plain

ミヤマシロチョウ

f:id:notahiro:20170823084620j:plain

虫たちも集まり…  ’00.8.22. 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170823092852j:plain

秋の花、競演  ’97. 8.29. 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170823085327j:plain

タカネマツムシソウ。やがて実を結ぶ…  ’12. 8.22. 東北・朝日連峰にて

昔の花の写真を見直すと、改めて湯の丸高原で撮ったものが多いことに気づきます。ただし、湯ノ丸山、烏帽子岳、地蔵峠周辺、長野県側の渓流コース、群馬県側の桟敷山、池の平、三方ヶ峰、篭ノ登山など、かなり広いエリアを含みます。高山植物は多くないのですが、亜高山帯の植物を中心に花の種類は多い場所です。

アキノキリンソウ

山では秋の花が咲き始めます。

f:id:notahiro:20170819085345j:plain

咲き始め  ’99. 7.29. 湯ノ丸高原にて

f:id:notahiro:20170819085424j:plain

マツムシソウツリガネニンジンとともに…  ’03. 8.28. 高峰山にて

f:id:notahiro:20170819085628j:plain

ミヤマアキノキリンソウ  ’00. 7. 8. 暑寒別岳にて

f:id:notahiro:20170819085721j:plain

登山道を飾り…  ’12. 7.31. 天塩岳にて 下の写真も

f:id:notahiro:20170819085835j:plain

時に群生して…

f:id:notahiro:20170819085909j:plain

集合花が穂状に次々と…  ’16. 8. 9. 黒斑山にて 下の写真も

f:id:notahiro:20170819090222j:plain

そして実を結ぶ…

f:id:notahiro:20170819090326j:plain

大きく勢力を伸ばす…  ’03. 9. 2. 湯ノ丸高原にて 下の写真も

f:id:notahiro:20170819090524j:plain

ワレモコウやカワラナデシコとともに…

f:id:notahiro:20170819090741j:plain

やがて…  ’03. 9.27. 湯ノ丸高原にて

夏まで雪が残るような山では、雪融け直後の春のような花が夏に見られます。一方立秋、お盆ともなれば秋風が吹いて、秋の花もせかされるように咲きます。山の花の季節は濃密。それは人を楽しませるためではなく、厳しい自然環境のため。そうしなければ子孫を残せません。そうやって命を繋いでいます。

ノアザミ

長野・群馬県境の湯ノ丸高原のノアザミ

f:id:notahiro:20170812101701j:plain

まだ固いつぼみ  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812101858j:plain

それでも少し膨らんで…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102049j:plain

口を開くように外側から…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102150j:plain

こっちは中心も…  ’99. 7.29.

f:id:notahiro:20170812102320j:plain

咲き始め  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102349j:plain

こっちは外側から…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102434j:plain

随分咲いて…  ’99. 7.24.

f:id:notahiro:20170812102525j:plain

小さなハナカミキリの仲間  ’99. 7.29.

f:id:notahiro:20170812102716j:plain

刺激を受けて花粉を出す…  ’03. 8. 8.

f:id:notahiro:20170812102833j:plain

花盛り…  ’03. 8. 8.

同じ場所でも花の咲き方はまちまち。個体数が多ければ、1日観察しただけで花咲く様子が分かってきたりします。これらの写真は3日分。’99. 7.24. 臼窪湿原から烏帽子岳にかけて撮った6枚。5日後の  ’99. 7.29. 池の平で撮った2枚。’03. 8. 8. 臼窪湿原で撮った2枚。大発見じゃなくても、自分でそうかって分かるのは楽しいものです。